TIUストーリー 東京国際大学での学び




東京国際大学では68ヵ国(地域)1,300名の留学生たちが学んでいる。
海外に行かなくても、キャンパスの中が国際社会の縮図だ。
学生時代は授業のない時間をEnglish PLAZAで過ごした。
英語力のブラッシュアップが目的だったけれど、
いつのまにか、いろんな国の留学生たちと友人になった。

文化も価値観も異なる彼らから、学ぶことは多かった。
私も、彼らの日本について知りたいという気持ちに応えたいと思った。
日本の生活に慣れるまで彼らが戸惑った話を聞いて
その力にもなりたいと思い、キャンパス内にある留学生寮の
住み込みアシスタントに応募した。
多様な背景を持つ留学生たちとの集団生活は、毎日が発見の連続だった。
日本の文化や慣習、寮でのルールを伝えるときには
相手の文化も尊重することを心掛けた。

私の世界が4年間でどんどんと広がっていった。
入学前は漠然と「英語が話せるようになりたい」と思っているだけで
自分自身が海外で働くというイメージは持てなかった。
でも、東京国際大学での4年間を経て
いつのまにか世界がフィールドになっていた。

「限界を作るのは自分自身だよ」
海外で活躍している先輩からの言葉を噛みしめる。
まだまだ世界は広い――
次々とはばたいてくる後輩たちに追い抜かれないように
私も次のステージに向かっているところだ。


※ 写真は実在の東京国際大学生ですが、本文とは関係ありません。


教育の特色



他のTIUストーリーを読む