TIUストーリー 英語教育




月曜日の1時限はネイティブ教員による『English Comprehension』の授業。
授業が終わると、その足で「English PLAZA」へ向かう。

まずはカフェで、コーヒーを一杯。
カウンターにいる留学生スタッフはオランダ出身で、音楽の趣味が合う。
テイラースウィフトの新曲について、ひとしきり英語のおしゃべりを交わしてから、
予約していたネイティブ教員との英会話レッスンのため、ラウンジへ。
今日の担当教員はテキサス出身のボブ。
ダラスのフェスティバルで人気の食べ物、フライドバターの話をしてくれた。
Wow! It looks high in calories! But, I want to try!
留学についても相談したかったが、次の授業『Communication Basic』が始まるので
午後の時間にアカデミックアドバイジングの予約を入れてから、教室へ向かった。

入学当初は、English Onlyの場所へ足を踏み入れることに緊張した。
でも、ネイティブの先生たちとのおしゃべりは楽しい。
「こないだの週末はどう過ごしたの?」「夏休みの予定は?」
つたない英語でゆっくり答えても、じっくりと耳を傾けてくれる。
先生たちの出身地の文化についても知ることができ、
アメリカの中でも地域によって文化が異なることを学んだ。
一緒にゲームをすることもある。ジョークも飛び交う。
「English PLAZA」で過ごす時間が楽しく、通うことが日課になった。
英会話レッスンも、留学相談もいつでも可能。
キャンパス内での隙間時間を有効に活用できる。

もっと軽快な言葉のキャッチボールができるようになりたい。
自分に対して、だんだんと欲が出てきた。
足しげく「English PLAZA」に通ううち、少しずつ会話のテンポがよくなってきた。
ふと気づいた。
以前は、日本語で考え、英語に訳して話していた。
いつのまにか、英語で考え、英語で話す私がいる。

国際社会にはばたく――
その夢に、一歩ずつ近づいている。


※ 写真は実在の東京国際大学生ですが、本文とは関係ありません。


English PLAZA