TIUストーリー 英語教育




小学生の頃からCAに憧れ、東京国際大学の英語教育に惹かれて入学を決めた。
でも、大きな期待の裏側には、小さな不安もあった。
――ちゃんと授業についていけるかな。
――英語が話せるようになりたいけど、緊張しちゃう‥

初めてEnglish PLAZAに足を踏み入れたときのこと。
帰国子女の友だちは、流暢な英語で受付スタッフの留学生と会話を始めた。
――やっぱりダメだ。会話に入れない。‥先に帰ろうかな。
そのとき、『Basic Communication』の授業の先生、Johnの顔が見えた。

「Oh,Yuka!」
私の名前、もう憶えてくれている。
「Yuka, you like American movies, right?」
そう。昨日の授業で、私は「映画鑑賞が趣味だ」って自己紹介した。
「Which one is your favorite?」
「うーん‥ ”LA LA LAND"」
「That's a very nice movie! Emma is a good actress.」
「Yeah, she is so cute. I love her.」
あ。私、ちゃんと英語で会話している!
すごく簡単な英語だけど、“通じる”って楽しい。

ネイティブの先生たちの明るい笑顔が
私の不安をどんどん吹き飛ばしてくれた。
次の授業が楽しみになった。
そして、明日もEnglish PLAZAに行こう。

授業もEnglish PLAZAも、楽しいだけじゃない。
ネイティブの先生たちの指導は、いつもさりげなく、そして的を得ている。
楽しんでいるうちに、自分の英語が見る見る上達しているのが感じられる。

このキャンパスには、私を支えてくれる50人のスペシャリストがいる。
ここでなら、私の夢が叶えられる。


※ 写真は実在の東京国際大学生ですが、本文とは関係ありません。


GTI