【東京国際大学】吹奏楽団|クラブポリシー

クラブポリシー -吹奏楽団-

東京国際大学吹奏楽団は、吹奏楽の曲はもちろん、ポップスやクラシックなどあらゆるジャンルの音楽に取り組み、12月の定期演奏会をはじめコンクール、そして大学の学園祭「秋霞祭」、野球応援や式典などの学校行事にも参加しています。数々の演奏会、団体で活躍されている稲垣征夫先生、荒井弘太先生を迎え「音楽を楽しむ」をモットーに日々活動しています。

大学の強化クラブでは、硬式野球部、男女サッカー部、女子ソフトボール部などスポーツクラブが活躍していますが、吹奏楽団も文化系クラブで初めて強化クラブの仲間入りをしました。吹奏楽はスポーツと違い目に見える功績を残すことは厳しいです。ただ吹奏楽でしかできないこと、それは「音楽」を通じてたくさんの人と交流することです。吹奏楽は地域社会と大学の架け橋に大きく活躍します。実際に地域の演奏会や依頼演奏では、地元川越から埼玉県の様々な所で積極的に活動を行い好評を頂きました。吹奏楽の可能性を最大に引き出す環境がここにあります。音楽の力は無限大です!私たちはこの楽団で活動するにあたり目標を完遂する強い意志と、団員に課せられた使命を果たす強い意志を忘れません。

団員の中には大学から吹奏楽をはじめた初心者がたくさんいますが、一緒にやるうちにどんどん上手になっています。初心者の方でも先輩が面倒を見てくれるので興味のある方はぜひ見学に来てください。また経験者の方もせっかく今までやってきた音楽をもう一度やってみませんか?中学・高校とはまったく違った楽しさ、音楽があるのできっと充実した日々が待っています。吹奏楽団に入って、たくさんの人と出会って色々な経験をして、自分を大きく成長させませんか?私たちと一緒に音楽をしましょう!!