• HOME
  • ニュース一覧
  • 2014
  • 13カ国の院生が参加して経済学研究科の修士論文中間報告会が行われました

13カ国の院生が参加して経済学研究科の修士論文中間報告会が行われました

2014年11月12日

経済学研究科

11月5日(水)、13カ国25名の院生と教員が参加して、経済学研究科の修士論文中間報告会が行われました。
中間報告会は、その年に修士論文を提出する院生が、教員や他の院生の前で修士論文の骨子を発表し、質問・コメントを受けることにより、修士論文をさらによいものにするため、毎年行われているものです。
今年は、来年3月卒業予定の10名の院生が、「英語プログラム」と「日本語プログラム」の2つの教室に分かれて発表し、熱のこもった質疑応答が行われました。