商学部 日本アクティブラーニングゼミ研究成果発表会で優秀賞

2018年02月16日

2月4日、本厚木の「アミューあつぎ」において、「第3回日本アクティブラーニングゼミ研究成果発表会2018」が、厚木市後援により開催されました。

情報教育工学を学ぶ河村一樹ゼミの中野 快さん(経営学科・4年)が「Moodleを用いた"プログラミング基礎"における学習履歴の分析」をテーマに発表を行い、優秀賞を受賞しました。

この発表会は、学生が主体的・能動的に学ぶ体験型授業「アクティブラーニング(AL)」に取り組む3大学の学生たちが協働で企画・運営し、AL実践の場ともなっています。

企業の協賛依頼や論文集の発刊といった試みも行い、学生にとって収穫の多い発表会となりました。