森下満仁監督プロフィール | アーチェリー部 | 東京国際大学

森下満仁監督プロフィール -アーチェリー部-

経歴

アーチェリー部監督 森下 満仁(モリシタ ミツヒト)
1956年、栃木県生まれ

大学入学と同時にアーチェリーを始め、本学アーチェリ一部で主将を務めた。その後、アーチェリーのプロショップに所属し、全日本実業団アーチェリー大会で団体優勝2回。高校生、大学生、社会人などを多数指導。16年12月より本学アーチェリ一部監督に就任。

「心技体」バランス良く鍛えて結果に繋がります。
アーチェリーではとくにメンタル面が重要なので、やりぬく心・諦めない気持ちを教えたいです。