本学スポーツ振興への取組

本学は、教育理念として掲げる「公徳心を体した真の国際人の養成」を実現するための一環として、スポーツ振興に力を注いでいます。ソフト、ハードの両面で万全の教育環境を整え、スポーツを通じた人間教育を実践しています。

人間スポーツ学科、スポーツ科学科

2011年4月、人間社会学部に人間スポーツ学科を新設しました。「世界共通の文化としてのスポーツ」に学問として取り組み、競技スポーツから生涯スポーツまで、さまざまな理論と実践的方法を学習。スポーツのもつ限りないポテンシャルを活かし、一人ひとりの生活や地域や社会づくりへの貢献まで、幅広いフィールドで活躍できる。人間スポーツ学科は、そんな支援者・指導者となれる優れた人材を育成します。

2012年4月、人間社会学部にスポーツ科学科を新設しました。新しい学科がめざすのは、さまざまなスポーツ競技のトップアスリートを養成すること、アスリートを支える指導者を育成することです。社会・文化・福祉・心理、そしてスポーツに関する知識を横断的に学ぶとともに、人間科学の成果を活かして実践力の向上を図り、世界のスタジアムで勝利が手にできる人材を育てます。

強化クラブ

2007年以降スポーツ振興政策への取り組みを行っています。各界から最高レベルの指導者を招聘し、学生競技における最高成績を追求するなかでの全人教育実践を手がけております。
「硬式野球部」「サッカー部」「女子ソフトボール部」「女子サッカー部」「チアリーディング部」「駅伝部」「ゴルフ部」「硬式庭球部」「アメリカンフットボール部」「ウエイトリフティング部」「剣道部」「吹奏楽団」「アーチェリー部」「茶道部」「模擬国連クラブ」を強化クラブとして多くの学生を受け入れており、今後も指導体制の強化拡充に努めていきます。

強化クラブ(スポーツ)一覧

指導者

「優れた精神は優れた指導者によって磨かれる」との考えから、古葉竹識・硬式野球部名誉監督(元広島東洋カープ監督)、前田秀樹・サッカー部監督(元J2水戸ホーリーホック監督)、宇津木妙子・女子ソフトボール部総監督(アテネ五輪日本代表監督)など、世界を知る一流の指導者を多数招き、高い目標に向けてまい進しています。

サッカー部監督 前田 秀樹

1954年、京都府生まれ。法政大学ー古河電工でMF、DF として活躍。法政大学在学中に日本代表に選出され、80年代前半 には主将も務めた。2度のW杯予選を戦い、国際Aマッチ65試合 で11得点。90年の現役引退後は、市原ユース、横河電機の監督 などを経て、03年からJ2水戸ホーリーホックを指揮。

ウェイトリフティング部監督 三宅義信

1939年、宮城県生まれ。法政大学在学中の1960年ローマ 五輪重量挙げ男子バンタム級銀メダル、64年東京、68年メキシコシ ティ五輪で金メダル。62年に自衛隊入り。同体育学校校長を務め97 年に退官。メキシコシティ五輪銅メダリストの義行氏は弟、12年ロ ンドン五輪銀メダル、16年リオ五輪銅メダルの宏美選手は姪。

駅伝部総監督 横溝 三郎

1939年、神奈川県生まれ。中央大学ーリッカーミシン。 高校時代に2年連続インターハイ5000メートル優勝。箱根駅伝 は4年連続出場(区間賞2回)、史上最多の中央大学6連覇に貢献。 64年東京五輪3000メートル障害に出場。引退後は松下通信(現パ ナソニック)女子陸上競技部監督などを務めた。

駅伝部監督 大志田 秀次

1962年、岩手県生まれ。中央大学ー本田技研。箱根 駅伝は3、4年次に出場。4年次は8区で区間賞を獲得。86年アジ ア大会(ソウル)1500メートルで金メダル。その後、中央大学の 陸上競技部長距離コーチに就任し、96年、32年ぶりに箱根駅伝 総合優勝に導く。

ゴルフ部監督 湯原 信光

1957年、東京都生まれ。7歳からゴルフを始め、日本ジュ ニア、日本アマなどのタイトルを獲得。日本大学卒業後、80年 にプロ入り。81年関東オープンで初優勝し、ツアー7勝。現在は シニアツアーで活躍。13年7月、本学ゴルフ部監督に就任し、現 役と両立している。

硬式庭球部監督 佐藤 直子

1955年、東京都生まれ。16歳から単身で海外に遠征し、 ジュニアの部で全仏3位、全英ベスト8の実績を残す。一般の部 では76年全豪シングルスでベスト8、78年全豪ダブルス準優勝と 世界を舞台に活躍した。11年6月、女性として初めて日本プロ テニス協会理事長に就任、2期務めた。

硬式野球部名誉監督 古葉 竹識

1936年、熊本県生まれ。専修大学ー 日鉄二瀬を経て プロ入り。広島、南海で内野手として活躍。広島時代には2度の 盗塁王(64年、68年)に輝く。71年に現役引退。広島監督として 球団史上初のリーグ優勝など4度のリーグ優勝と3度の日本一に輝 き、赤ヘル黄金期を築いた。

硬式野球部監督 山中 潔

1961年、大阪府生まれ。ポジションは捕手。79年ドラ フト4位で広島入団。ダイエー、中日、日本ハム、ロッテを経て 96年現役引退。ロッテのコーチに就任し、日本ハム、高陽ワンダー ズ(韓国)でもコーチを務めた。

女子ソフトボール部総監督 宇津木 妙子

1953年、埼玉県生まれ。72年、内野手として実業団の ユニチカ垂井入り。74年に日本代表として世界選手権準優勝に 貢献。現役引退後、日立高崎(現ビックカメラ高崎)監督に就任。 97年に日本代表監督に就任し、00年シドニー五輪銀メダル、04年 アテネ五輪銅メダルに貢献した。

女子ソフトボール部監督 城戸 絵理沙

1986年、埼玉県生まれ。星野高校、東京女子体育大学。ポ ジションは外野手。大学在学中、ユニバーシアードに出場し、3位 入賞(銅メダル)。ルネサステクノロジ高崎(現ビックカメラ高崎)に 所属し、日本リーグ、全日本総合選手権、国民体育大会優勝に貢献。 11年4月から本学女子ソフトボール部コーチを務め、18年監督に就任。

女子サッカー部監督 福田 あや

1985年、神奈川県生まれ。HFCレディース、早稲田大学 でプレー。引退後はShunsuke Parkなどさまざまなスクールコーチ を経て、早稲田大学、益城ルネサンス熊本FC、ノジマステラ神奈川 相模原では、U-15、ドゥーエ、トップチームで監督やコーチを務め た。18年3月本学女子サッカー部監督に就任。A級ライセンス取得。

アメリカンフットボール部ヘッドコーチ
村上 崇就

1977年、埼玉県生まれ。本学アメリカンフットボール 部で主将を務め、その後、社会人リーグ(Xリーグ)IBMビッグブ ルーに所属し、07年W杯川崎大会準優勝に貢献。11年W杯オース トリア大会にも出場。ポジションはオフェンスライン。

剣道部師範 出水 盛文

1955年、鹿児島県生まれ。剣道教士八段。警視庁入庁 とともに剣道を始め、全国警察剣道大会において団体優勝。警視 庁剣道・主席師範を務め、16年4月より本学剣道部師範に就任。

アーチェリー部監督 森下 満仁

1956年、栃木県生まれ。本学入学と同時にアーチェ リーを始め、アーチェリー部主将を務めた。その後、アーチェ リーのプロショップに所属し、全日本実業団アーチェリー大会 で団体優勝2回。高校生、大学生、社会人などを多数指導。16年 12月より本学アーチェリー部監督に就任。

チアリーディング部監督 内川 薫

1987年、埼玉県生まれ。高校入学と同時にチアリーディ ングを始め、日本体育大学チアリーディング部では全日本学生 選手権2位、ジャパンカップ3位などの成績を収める。11年4月 から本学チアリーディング部コーチを務め、12年2月に監督就任。

吹奏楽団 監督 稲垣 征夫

国立音楽大学器学科卒業。クラリネットの演奏をはじめ、指揮・演奏・評論などの活動を1960年より始め、現在でも多岐にわたる分野で活躍中。2002年4月、日本クラリネット協会賞を受賞。一般社団法人日本クラリネット協会理事。2012年より本学特命教授、吹奏楽団音楽監督常任指揮者。

施設

坂戸キャンパス(総合グラウンド)は、東京国際大学のスポーツ教育の拠点です。強化クラブに所属する学生はもちろんのこと、 多くの学生が体育の授業などでも最新のスポーツ施設・設備を利用しています。第1・第2キャンパスからはバスの往復便が運行 されており、スポーツに取り組む学生をサポートしています。

1. フレンドシップハウス
2. 屋内練習場
3. 野球スタジアム
5. 屋内ブルペン
6. 第1サッカー場&フットサルコート
8. 陸上競技場&第3サッカー場
9.クロスカントリーコース
11. 駅伝部トレーニングセンター
10. 駅伝部合宿所・食堂
12. アーチェリー場
15. ゴルフ&スポーツサイエンスラボラトリー

※表は横にスライドできます。

(1) フレンドシップハウス 教室3室のほかにトレーニングルーム、シャワールームなどを設置。トレーニングルームには、各種機器を設置し、 体力向上に活用しています。
(2) 屋内練習場 全面人工芝の室内は、内野がすっぽり収まる1,600㎡余りの広さ。トレーニングルームも併設しています。
(3) 野球スタジアム センター122m、両翼98m。外野は人工芝、内野は混合土。電光掲示板、照明塔も備え公式戦も行うことができます。
(4) 第2野球場 神宮球場と同じ仕様。
(5) 屋内ブルペン 野球スタジアムに併設された屋内ブルペン。雨天でも5名が同時に投球練習を行うことができます。
(6) 第1サッカー場&フットサルコート 3面あるサッカー場は日本サッカー協会公認の人工芝グラウンドで、国際公式試合も行うことができます。
(7) 第2サッカー場&フットサルコート サッカー場と同じ全面人工芝。フットサルコートは男女サッカー部の練習でも使用。
(8) 陸上競技場&第3サッカー場 全天候舗装が施された6レーンを備える1周400mのトラック。インフィールドは人工芝のサッカー場です。
(9) クロスカントリーコース 全長約700mのクロスカントリーコース。アップダウンを活用した多彩なトレーニングが可能です。
(10) 駅伝部合宿所・食堂 2階、3階は駅伝部専用の合宿所(駅伝部寮)となっており、1階は強化クラブの学生にアスリート食を提供する食堂を設置。またコンビニエンスストアも併設されています。
(11) 駅伝部トレーニングセンター 高度2,500mと同程度の環境で練習可能な低酸素室、エアロバイクやランニングマシンを完備して います。
(12) アーチェリー場 8名が一斉に射撃可能。静かなフィールド内には天然芝が敷かれ、快適な練習環境が整っています。
(13) 多目的グラウンド 隣接するソフトボール場と同じ仕様の、混合土と人工芝のグラウンド。照明塔4基を備え、公式試合も行えます。
(14) ソフトボール場 内野は特殊な混合土、外野は人工芝。照明塔も備えた本格的なソフトボール専用球場です。
(15) ゴルフ&スポーツ
サイエンスラボラトリー
全22打席の屋内ゴルフレンジ。科学的な指導を実現 する動作測定機材をはじめ、各種の分析機器も導入 しています。

ご寄付をご計画の際は、事務局までご連絡ください。

東京国際大学サポーターズクラブ事務局
TEL : 03-3362-9641 FAX : 03-3362-9643
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-23-23
Mail : supporters@tiu.ac.jp