ディプロマ・ポリシー(DP)
学位授与の方針(学部)

 本学は、(1)建学の精神および教育理念・教育目的に則り、グローバル社会の発展に貢献できる人材としてもつべき「知識・理解」「思考・判断」「関心・意欲」「態度・規律」「技能・表現」の5つの基礎力を修得し、(2)学則に定める所定の卒業要件を満たした者に、学士の学位を授与します。

商学部

    商学部は、全学DPで示す5つの基礎力を修得し、学則の定める卒業要件を満たし、次の能力を修得した者に学士の学位を授与します。
    〔商学科〕:学士(商学)

  1. 1.幅広い教養を基盤にビジネスに対する多様な知識と技術を有する。
  2. 2.修得した知識と技術を基礎として、国内外で展開するビジネス社会で活躍するための専門性と実践力・応用力を有する。
  3. 〔経営学科〕:学士(経営学)

  4. 1.幅広い教養を基盤にビジネスに対する多様な知識と技術を有する。
  5. 2.修得した知識と技術を基礎として、急速な社会変化への対応力をもち、ビジネス組織の運用を担う力を有する。
経済学部

    経済学部経済学科は、全学DPで示す5つの基礎力を修得し、学則に定める所定の卒業要件を満たし、下記の能力を修得した者に学士(経済学)の学位を授与します。

  1. 1.経済社会のさまざまな現場で、経済学の知識・理解を応用し、総合的な思考力・判断力を活用して活躍の場を見いだすことができる。
  2. 2.現実の諸問題を経済学の学修から得た専門分野の分析力を活用して解決することができる。
  3. 3.最適な戦略や政策を立案することができる。
言語コミュニケーション学部

    言語コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科は、全学DPで示す5つ基礎力を修得し、学則に定める所定の卒業要件を満たし、以下の能力を有する学生に、学士(言語コミュニケーション学)の学位を授与します。

  1. 1.社会の様々な分野において使える英語能力を有する。
  2. 2.国際社会の多様な場面で通用する適切なコミュニケーション能力を有する。
  3. 3.外国の言語の背景にある文化や歴史、文学などについても基礎的な知識を有する。
国際関係学部

    国際関係学部は、全学DPで示す5つの基礎力を修得し、学則の定める卒業要件を満たし、幅広い分野の学修を基礎に、国際関係学または国際メディア学を体系的に理解し、専門的知見を身につけた以下の能力を有する学生に学士の学位を授与します。

    〔国際関係学科〕:学士(国際関係学)

  1. 国際社会の多様な価値観や考え方を理解し国際的問題を解決する実践力を有する。
  2.   

    〔国際メディア学科〕:学士(国際メディア学)

  3. 国際社会におけるメディアの役割を理解し情報受発信についての実践力を有する。
  4.  
人間社会学部

    人間社会学部は、全学DPで示す5つの基礎力を修得し、学則の定める卒業要件を満たし、次の能力を修得した者に学士の学位を授与します。

  1. 1.公徳心を備え、私たちが生活する社会における人と人との関わりを探究できる。
  2. 2.幅広い知識や専門的能力をもって、人々の幸せのために貢献できる。

    〔福祉心理学科〕:学士(福祉心理学)

  3. 福祉や心理学を通じて他者との共生やこころのしくみを理解し、スペシャリストとして活躍できる。
  4. 〔人間スポーツ学科〕:学士(人間スポーツ学)

  5. スポーツの視点から心身の関係を理解し、広く社会に貢献できる指導者や支援者としての能力や技術を有する。
  6. 〔スポーツ科学科〕:学士(スポーツ科学)

  7. スポーツを人間諸科学の視点から理解し、スポーツ界を中心にさまざまな分野に貢献できる指導者や支援者としての能力や技術を有する。
医療健康学部(2021年4月開設)

    医療健康学部は、全学ディプロマ・ポリシー(DP)で示す5つの基礎力を修得し、学則の定める卒業要件を満たし、次の能力を修得した者に学士の学位を授与します。

  1. 1.生命に対する深い理解や人権の尊重に基づく高い倫理観を有する。
  2. 2.他者を思いやる豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、多様な価値観や考え方を理解できる。
  3. 3.人の健康を支援するための医療・健康科学に関する幅広い専門的知識や技術を有する。
  4. 4.社会への関心と問題意識を持ち、他者と連携しながら主体的に課題解決できる。
  5. 5.医療・健康分野で社会に貢献すべく強い責任感のもと自己研鑽ができる。

  6. 〔理学療法学科〕:学士(理学療法学)

  7. 1.良好な人間関係を構築する上で必要なコミュニケーション能力を有し、人々に対して思いやりをもって接することができる。
  8. 2.理学療法士に求められる高い倫理観と道徳観を備えている。
  9. 3.理学療法を必要としている人々を生活者の視点で全人的に理解することができる。
  10. 4.理学療法に関する幅広い知識・技術を有しており、各専門職と連携しながら科学的根拠に基づく理学療法を実践することができる。
  11. 5.理学療法関連の諸科学の発展や理学療法士に求められる役割や知識・技術の変化に対応し、生涯にわたり学び続けることができる。
  12. 6.臨床理学療法、スポーツ理学療法、予防理学療法のいずれかの分野に関して、より専門性の高い知識・技術を有し、各分野の理学療法に貢献することができる。