教職支援センターについて

東京国際大学には、教職を希望する学生が多数入学し、近年では毎年100名を超える教員免許状の取得者を社会に送り出しています。また、今日の教育現場においても、現在、本学を卒業した多くの優れた教員が様々な校種で活躍しております。こうした従来の取り組みをさらに推進するため、本学では2018年4月から新たに「教職支援センター」を開設いたしました。

教職支援センターの業務と役割の第一は、将来、教職を希望する学生が一人でも多く現役で教壇に立てるように支援することです。教職を志す学生の多くが、公立学校の教員を志望します。他方、公立学校の教員になるためには、各都道府県等で実施される教員採用試験を突破しなければなりません。当センターでは、そうした教員採用試験合格に向けた学修相談や受験情報の収集と提供等をはじめ、筆記試験対策講座、模擬試験の実施、また独学では対策が極めて困難な実技試験、面接試験、集団討論、論作文試験などへの指導も専門スタッフによって行っております。

教職支援センターは、教職を目指す学生の総合的な学修支援センターとして、皆さんの夢の実現を全力でサポートしています。当センターは第1キャンパス、第2キャンパスの両キャンパスにありますので、ぜひ一度、訪れてみてください。積極的なご活用を期待しております。

教職支援センター長
山﨑 真之