カリキュラム・ポリシー(CP)
教育課程編成・実施の方針(学部)

 大学全体のディプロマ・ポリシー達成に向け、「知識・理解」「思考・判断」「関心・意欲」「態度・規律」「技能・表現」の5つの基礎力を総合的に養う教育課程を編成し、主体的学びによる「実践的教育及び学修プログラム」を推進するカリキュラムを実施します。
 5つの基礎力を総合的に養う教育課程は、次の[a]〜[e]の内容からなります。

※表は横にスライドできます。

5つの基礎力 教育方針と課程編成
[a] 知識・理解 主体的な学修を通じて幅広い知識・教養、基礎的学修力を身に付け、現代のグローバル社会に有効な能力を向上させるカリキュラムを作る。
[b] 思考・判断 思考力・分析力・判断力を磨き、問題発見・政策策定能力を広く修得できるようにするために、課題解決型の実践的・プロジェクト型学修プログラムを設け、多くの授業でアクティブ・ラーニング方式を採用する。
[c] 関心・意欲 課外活動・正課併行型活動(Co-curricular活動)・社会や地域と連携した実践型学修活動等から汎用的能力を向上させ、社会に貢献する人材として関心・意欲を高めることができるよう、正課活動と正課外授業とを連携させたカリキュラムとする。
[d] 態度・規律 学生の主体的・積極的な取組みを通じて自立した社会人としての力を磨き、社会規範を遵守し、自己規律をもてる学修方法を採用する。
[e] 技能・表現 課題解決型の学修により、学生がチームとして学修プロジェクトに参加することを通じて、コミュニケーション力、チームワークスキル・リーダーシップ等の能力を向上できるカリキュラムを作る。
商学部

    商学部は、全学CPを共通基盤とし、その上に、次の方針を定めます。

  1. 1.初年次に大学での学修の基礎を身につけるための必修科目を配置し、基礎から専門へ体系的に学ぶカリキュラムを設定します。
  2. 2.専門課程で学修する多くの科目の中から、学生の関心・進路に応じたテーマを中心に学べる「複数の履修コース」を設けます。
  3. 3.基礎演習(2年次)・専門演習(3年次および4年次)において、商学および関連分野の多様な学修・研究を可能にします。
  4. 4.地域と連携した講義や実践的な学修・活動を通じて、社会とつながる学修を進めます。
  5. 5.多くの専門科目および演習・実践的な学修において、社会の現場における課題に果敢に取り組む実践力を磨く学修を行います。
  6. 上記CPに加え、学科ごとに次の方針を定めます。
  7. 〔商学科〕
  8. 1.専門課程への導入のために、商学科の学科内専門共通科目を選択必修科目として定めます。
  9. 2.商学科の中核的な科目として、「マーケティング」「スポーツビジネス」「国際ビジネス」「ファイナンス」「地域・公共」の5分野を設けます。
  10. 〔経営学科〕
  11. 1.専門課程への導入のために、経営学科の学科内専門共通科目を選択必修科目として定めます。
  12. 2.経営、会計、情報、事業承継の専門分野を中核とし、教養コア科目、言語スキル科目、関連する専門科目を包摂した複数の履修コースを提示して、体系的履修を可能とします。
経済学部

    経済学部経済学科では、全学CPを共通基盤とし、その上に、経済社会のさまざまな現場において、論理的に考え、問題解決を図る実践力を備えた人材の養成を目指したカリキュラムを設定します。

  1. 1.初年次に大学での学修の基礎を身につけるための必修科目を配置し、基礎から専門へ体系的に学ぶカリキュラムを設定します。
  2. 2.専門課程で学修する多くの科目の中から、学生の関心・進路に応じたテーマを中心に学べる「複数の履修コース」を設けます。
  3. 3.現代経済専攻では、

    ①経済学の基礎知識修得を基にして、経済について多面的に理解するとともに、広範な知識とスキルを身につけることを目指した科目を配置します。

    ②自らの関心にもとづいて、様々な分野から自由に履修することができる<経済総合コース>、スポーツ分野、地域・公共分野からそれぞれ重点的に学ぶ<スポーツ経済コース>および<地域デザインコース>を設定します。

  4. 4.ビジネスエコノミクス専攻では、

    ①ビジネス社会で必要な経済学的思考や戦略的思考を身に付け、実践の場においてそれらを活用できることを目指した科目を配置します。

    ②金融に関する先端的な知識と問題解決能力を身につける<ファイナンスコース>、社会の様々な場面で、目標達成のために必要な戦略や政策を立案できる能力を鍛える<ストラテジストコース>を設定します。

言語コミュニケーション学部

    言語コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科は、全学CPを共通基盤とし、その上に、次の方針を定めます。

  1. 1.DPに掲げた学修成果の目標の達成を目指し、4年間を通じて学修成果を積み上げていけるよう、以下のような分野別特色をもった体系的な教育課程を編成します。
  2. 2.「基礎教育課程」では、国際人として必要な知識・理解を多角的な学修で磨き、基礎的な教養と幅広い知識を身に付けるための多様な科目を設置します。
  3. 3.「言語スキル科目」では、ネイティブ教員による少人数で徹底した実践的な英語力の修得を目指す科目を中心に、英語以外の外国語科目を設置し、多言語の修得を目指すことも可能な科目を配置します。
  4. 4.学修方法の特徴として、多くの授業および演習・実践的な学修において、能動的な学修方法を積極的に取り入れ、社会の現場における課題に果敢に取り組む実践力のある人材を育てるための科目を配置します。特に「自由選択科目」では、ワークショップ型の科目を中心に配置します。
  5. 5.専門教育分野は、「言語学/文学」、「グローバルスタディーズ」「英語教育」そして「英語ビジネス」の4エリアで構成し、本学部の示す「言語文化コース」、「英語ビジネスコース」、「英語教育コース」の3つの履修モデルコースと組み合わせて学生のキャリアや関心に合わせた科目履修を可能とする編成を行います。
国際関係学部

    国際関係学部は、全学CPを共通基盤とし、その上に、次の方針を定めます。

  1. 1.初年次に大学での学修の基礎を身につけるための必修科目を配置し、基礎から専門へ体系的に学ぶカリキュラムを設定します。
  2. 2.基礎教育分野に,幅広い知識と教養を修得する科目を設置します。
  3. 3.両学科共通専門分野として、(1)「特別教育プログラム」、(2)「言語」科目群の2つを設置し、両学科の教育内容の連関性を強化し、相乗効果を高めます。
    (1)「特別教育プログラム」には「現場学習プログラム」に関連する科目を設置し、 (2)「言語」科目群には、上級英語学習科目や、言語に関する理解を深め多文化共生社会の担い手を養成するために必要な言語学および言語教育学科目を設置します。
  4. 4.上記「現場学習プログラム」は、理論と現場を結びつける学修の場とし、学修内容として「フィールドスタディ」「メディア」「コミュニケーション」「観光創造」「インターンシップ」「ボランティア」など、学内外をフィールドとする各種プログラムを実施します。
  5. 5.両学科に共通の専門分野「ツーリズム」を設置することで、国際関係学科、国際メディア学科それぞれの専門科目群の学修を活かした多様な「観光人材」を育成します。
  6. 上記CPに加え、学科ごとに次の方針を定めます。
  7. 〔国際関係学科〕
  8. 「戦争と平和」「国際協力」「現代日本」「国際地域研究」「ツーリズム」の専門分野ごとに専門科目を編成し、履修モデルを設定することにより国際社会および現代日本社会について多面的に学修します。
  9. 〔国際メディア学科〕
  10. 社会におけるメディアの役割を的確に理解し、国際的な視野から、発信される情報の本質ならびに文化的・思想的背景を読み取るとともに、自ら世界に向けて情報を発信する能力を養うための学修を行うため「メディア」「ツーリズム」「コミュニケーション」等の専門科目群を設置します。
人間社会学部

    人間社会学部は、全学CPを共通基盤とし、その上に、次の方針を定めます。

  1. 1.初年次に大学での学修の基礎を身に付けるための必修科目を配置し、基礎から専門へ体系的に学ぶカリキュラムを設定します。
  2. 2.専門教育分野では、3つの学科にまたがって共通に学べる学科間共通科目と学科独自の専門科目とを設置します。
  3. 3.実践的な知識を実技や実験、実習を通じて学修し、社会の現場における課題に取り組む力を育成します。
  4. 4.資格の取得を希望する者には、学科ごとに必要な所定の科目を履修できるカリキュラムを設定します。
  5. 上記CPに加え、学科ごとに次の方針を定めます。
  6. 〔福祉心理学科〕
  7. 福祉系専門科目と心理系専門科目を設置し、福祉と心理のどちらも専門的な知識・技能の修得ができるようにします。
  8. 〔人間スポーツ学科〕
  9. 1.スポーツ理論専門科目とスポーツ実技専門科目を設置し、社会においてスポーツ分野で活躍するために必要な専門的な知識・技能を修得できるようにします。
  10. 2.教職、健康運動指導士、キャンプインストラクターなどの資格を取得したい者のために、それら資格等に必要な所定の科目を履修できるカリキュラム設定を行います。
  11. 〔スポーツ科学科〕
  12. 1.スポーツ理論専門科目とスポーツ実技専門科目を設置し、社会においてスポーツ分野で活躍するために必要な専門的な知識・技能を修得できるようにします。
  13. 2.教職、健康運動実践指導者、トレーニング指導者などの資格を取得したい者のために、それら資格等に必要な所定の科目を履修できるカリキュラム設定を行います。