学内研究助成制度

特別研究助成

東京国際大学の特別研究助成は、本学専任教員の学術研究を推進し、科研費の申請・採択の増加を図るための制度であり、翌年度の科研費申請の助走的資金として助成するものです。

※ 科研費の「研究活動スタート支援」は対象外です。

補助額

※ 科研費の研究種目に応じ、助成金額が異なります。(詳細は教育研究支援課までお問い合わせ下さい。)

申請要件

申請は本学専任教員に限ります。
ただし、研究代表者が下記に該当する場合、申請することができません。

  • 当該年度の国内研修員
  • 当該年度の海外研修員
  • 申請年度末現在の年齢が満65歳以上となる者
  • 研究代表者又は研究分担者として過去に助成費を受け、研究成果を公表していない者
  • 翌年度の科研費に申請する予定のない者
  • 過去5年間に何らの研究業績のない者

申請手続き

科研費に新規申請した場合、自動的にエントリーされます。
採択結果が発表され次第「研究計画書」をご提出下さい。

※ 該当の教員の方には別途ご案内いたします。

研究期間

研究期間は一研究課題につき一年以内(当該年度末日まで)です。

研究成果の刊行義務

助成費の交付を受けた者は、その研究成果を研究期間終了後2年以内又は退職時のいずれか早い時期に書籍又は学術雑誌等により公表しなければなりません。

科学研究費補助金奨励金

東京国際大学では科研費奨励金制度を設け、科研費の申請・採択の増加を図っています。 科研費奨励金は、科研費を申請した場合の申請奨励金、科研費に採択された場合の採択奨励金の2種類があります。

奨励額

※ 科研費の研究種目および、採択・不採択に応じ、奨励金額が異なります。
(詳細は教育研究支援課までお問い合わせ下さい。)

支給要件

本学専任教員のうち、当該年度科研費を申請した研究課題における研究組織の研究代表者の方。

※ 受給は申請年度および採択初年度のみ。

申請手続き

科研費に新規申請した場合、自動的にエントリーされます。
科研費に不採択になった場合、科学研究費補助金審査結果通知書の写しをご提出下さい。
奨励金の支給は、複数の研究課題に申請した場合であっても、当該年度につき1回のみです。

※ 該当の教員の方には別途ご案内いたします。

教育研究特別補助

東京国際大学の教育研究特別補助は、本学専任教員が、時代が求める多様で幅広い能力をもった学生を養成するために、学生に対する教育の効果の向上や教育研究の活性化を図る学部を超えた下記の研究に対して行うものです。

  1. 1.コミュニケーション教育研究(英語教育・日本語教育・留学生教育等)
  2. 2.IT教育研究
  3. 3.国際理解教育研究
  4. 4.教育研究の基盤強化
  5. 5.福祉教育研究
  6. 6.その他特色ある教育研究

※ 個人による研究および、本学以外の研究者が含まれた研究は該当しません。

補助額

1件につき年額100万円まで

申請要件

申請は本学専任教員に限ります。ただし、研究代表者が下記に該当する場合、申請できません。

  1. 1.当該年度の国内研修員
  2. 2.当該年度の海外研修員
  3. 3.申請年度末日現在の年齢が65歳以上となる者
  4. 4.研究代表者または研究分担者として過去に助成を受け、研究成果を公表していない者。

申請手続き

毎年度1回、12月上旬ごろに翌年度の研究募集を行います。「教育研究特別補助計画書」をご提出下さい。

研究期間

一研究課題につき一年以内(当該年度)

学術図書出版補助

東京国際大学における学術研究を推進するため、個人負担しなければ出版が困難な著書を公開・流通するための出版に対して行うものです。

対象とするもの

  1. 1.専門の学問領域における優れた研究業績
  2. 2.外国文献であって学術的に価値の高いものの翻訳
  3. 3.古文書その他貴重な文献、資料の翻訳、編集又は校訂
  4. 4.その他これらと同様の学術的価値を有し、出版に値するもの

対象外のもの

  1. 1.出版社その他学外機関の企画により刊行されるもの
  2. 2.教科書その他啓蒙書あるいは入門書を目的として編纂されるもの
  3. 3.市販しないもの

補助額

出版補助は、1件につき、申請者が負担する出版費の2分の1あるいは、100万円のいずれか少ない額を限度とする。

申請要件

  1. 1.本学専任教員又は客員教員であること。
  2. 2.申請時に原稿が完成しており、かつ、助成決定通知日から1年以内に出版が確実であること。

申請と審査

申請期間は随時。審査は年2回行われます。