東京国際大学 ITシステム課
オンラインマニュアル・FAQ

■規則/ガイドライン
■パスワード/ユーザID
■電子メール
■学内ファイルサーバ
■ソフトウェア
■webページ ■その他
パスワードがわからない
■webmail、パソコン教室、共用パソコン室のログオン用■
現在のパスワードを調べることはできません。
窓口にて再発行手続きが可能です。手続きには、学生証/教職員証が必要です。

パスワードがわからない(来校の困難な方)
■webmail、パソコン教室、共用パソコン室のログオン用■
現在のパスワードを調べることはできません。
再発行手続きが可能です。手続きには、身分証明書(学生証/教職員証/免許証/その他)が必要です。
窓口へお越しいただけない場合の手続きは以下の通りです。
 本人確認の後、仮パスワードを再発行し、発行紙を返送致します。
なお、お送りいただきました個人情報、書面は、本人確認以外の目的では利用いたしません。手続き完了後、適切に廃棄処分致します。
身分証明書コピーの送付に際して不安のある項目がありましたらご相談ください。

自分のユーザIDがわからない / パスワードを変更し たい

用途
ユーザID(学生) パスワード変更方法
パソコン教室 / 共用パソコン室のパソコンログオン
電子メール / webmail
例:s00990000aa
(00990000:学籍番号、aa:氏名イニシャル)
https://idm.tiu.ac.jp/
POTI / 出席管理システム / Moodle / OPAC 学籍番号8桁 POTIにログイン後、「大学リンク」内の
リンク「パスワード管理」をクリック

わからない場合は、ITシステム課窓口にてお尋ねください。学生証/教職員証が必要です。

webmailを利用したい
URLは次の通りです。自身のユーザIDとパスワードが必要です。(POTIとは異なります)
https://webmail.tiu.ac.jp/

対応環境は、次の通りです。
また、64bit版 Internet Explorerについては、サポート対象外となります。

webmailが正しく表示されない
以下の記事では、Internet ExplorerをIEと表記します。
ご利用の環境に合わせて下記をご覧ください。
*1 Firefoxの入手、インストール

*2 「互換表示機能」の設定方法
*3 Internet Explorer 10/11のアンインストール方法
  1. スタートメニュー〜コントロールパネル〜プログラムと機能
  2. 左側の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック。
  3. 「Windows Internet Explorer 10(または11)」を右クリックして、アンインストールを選択。
  4. IE 10/11が自動インストールされないように設定する。
    1. IE 10の場合:http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36512
    2. IE 11の場合:http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40722
  5. パソコンを再起動。

メールをまとめて削除したい(webmail)
以下の方法で削除したメールを復旧(削除を取消)する事はできません。ご注意ください。
  1. webmailに ログイン。
  2. 画面左上、「メール受信」をクリック。(時間がかかる場合があります。)
  3. 表示件数を変えたい場合は、メール一覧の上[表示:]欄にて件数を変更。
  4. メール一覧の左上、項目欄のチェックボックスのチェックをはずす。(一覧表示中の全メールにチェックがつきます。)
  5. 削除したくないメールがある場合は、各々個別にチェックをはずす。
  6. 画面上部の[メール操作]欄から、[削除]または、[ごみ箱へ移動]を選択。
  7. 削除の確認に対して、[はい]をクリック。 (チェックの入ったメールが削除され、一覧が再表示されます。)
学外のメールサーバを経由してメールを送信したい
セキュリティ対策のため、学内ネットワークにおいて、学外にあるメールサーバを利用した送信はできません。
学内から、webmailを使わずにメールを送信する場合は、学内の送信メールサーバをご利用ください。

webmailを使わずに、メールソフトで電子メールを送受信したい(サーバ設定情報)
以下のように設定してください。

受信メールサーバ
種類 POP3
アドレス pop.tiu.ac.jp
ポート 995
セキュリティオプション POP over SSL
送信メールサーバ
アドレス mail.tiu.ac.jp
ポート 465
セキュリティオプション SMTP over SSL、SMTP Auth

設定ガイド

Microsoft Outlook Express / Windows Liveメール / Windowsメール
  1. メールソフトを起動
  2. メニューバーの[ツール]をクリック。
  3. メニュー内の[アカウント]をクリック。
  4. [メール]タブをクリック。
  5. なければ本学用の設定を作る。
  6. 一覧の中の、東京国際大学用の設定をダブルクリック。
  7. [サーバー]タブをクリック。
  8. [このサーバーは認証が必要]をチェック。
  9. [詳細設定]タブをクリック。
  10. [信メール(SMTP)]欄の
    1. [このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]をチェック。
    1. 数字[465]に書き換え。(半角数字)
  11. [信メール(POP3)]欄の
    1. [このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]をチェック。
  12. [OK]をクリック。
  13. [閉じる]をクリック。
Mozilla Thunderbird
  1. メールソフトを起動
  2. メニューバーの[ツール]をクリック。
  3. メニュー内の[アカウント設定]をクリック。
  4. なければ本学用の設定を作る。
  5. 左側、[送信(SMTP)サーバ]をクリック。
  6. 中央、[〜 mail.tiu.ac.jp]をダブルクリック。
  7. [接続の保護][SSL/TLS]を選択。
  8. [認証方式][通常のパスワード認証]を選択。
  9. [ユーザ名]自身のユーザIDを入力。(xxxxx@tiu.ac.jpのxxxxxの部分)
  10. [OK]をクリック。
  11. 左側、東京国際大学用の設定[サーバ設定]をクリック。
  12. [接続の保護][SSL/TSL]を選択。
  13. [認証方式][通常のパスワード認証]を選択。
  14. [OK]をクリック。
Becky! ver2.1以降
  1. 本学用の設定を作る。
  2. メニューの「ツール」から、「メールボックスの設定」を開く。
  3. 基本設定」タブをクリックし、「POP3サーバー(受信)」欄の「POP3S」にチェックを入れる。
  4. 変更確認に対して、「はい」をクリックする。
  5. 「OK」をクリックする。
メール1通あたりの最大サイズは?
送受信とも、1通あたり25MBです。総サイズ(本文、添付ファイル、ヘッダ等の合計)で判断されます。
超えるメールは、エラーとなります。外部から本学へのメールの場合、外部のメールサーバにより動きは異なります。
多くの場合「サイズが大きすぎ、届けられなかった」主旨で、送信者へエラーが返ります。

プロバイダ経由で発信したメールが学内メールアドレスに届かない。
いくつかの可能性が考えられます。
  1. プロバイダのメールサーバが、迷惑メール発信サーバとしてブラックリストに掲載されている。
共有フォルダを利用したい。
ITシステム課 窓口にてお手続きください。

FTP接続したい

学外では、SFTP接続のみ可能 です。FTP接続はできません。
学内では、FTP接続、SFTP接続ともに可能です。

ftp/sftpサーバアドレス:ftp.tiu.ac.jp
代表的なソフトウェア:
Webページを開設したい
個人のユーザIDにてWebページを開設するには、申請等の手続きは不要です。
ゼミ/クラブ/サークル/学生団体のWebページについて、団体Web専用のデータディレクトリを希望する場合は、
申請が必要です。窓口までお越しく ださい。 サーバアドレス、データのアップロード先、およびURLは次の通りです。
ftp/sftpサーバ:ftp.tiu.ac.jp

所属・区分 アップロード先 URL
教員 /home/faculty/[ユーザID]/www/html/ http://www.tiu.ac.jp/~[ユーザID]/

~(チルダ)の入力方法:shiftキーを押しながら「へ」(ひらがな)のキー
職員 /home/staff/[ユーザID]/www/html/
学部生・大学院生 /home/student/[ユーザID]/www/html/
ゼミ /home/www/seminar/ [ゼミ用ディレクトリ名]/ http://www.tiu.ac.jp/seminar/ [ゼミ用ディレクトリ名]/
クラブ・サークル /home/www/club/ [クラブ・サークル用ディレクトリ名]/ http://www.tiu.ac.jp/club/ [クラブ・サークル用ディレクトリ名]/

データの作り方、対応機能、導入、設定の方法などにつきましては、各自ご確認ください。(CGI、SSIは利用可能です)
 参考URL

CGIが正常に動かない
次の各項に該当しないか、確認してみてください。
Web/FTPサーバのディスク使用値を調べたい
ユーザIDとパスワードが必要です。telnet/sshサーバにログインして、確認します。
以下は、共用パソコン室でTeraTerm(Windows)を使用した例です。
  1. TeraTermを起動します。
  2. 次のように入力、選択して[OK]をクリックします。
  3. ユーザID、パスフレーズ(=パスワード)を入力して[OK]をクリックします。パスワードは画面には表示されません。
  4. ログインできない場合、ユーザID、パスワードがともに正しいことを確認してください。
【表示結果例】
[aa0000kt@gate aa0000kt]$ du -sk
92      .

各サーバのユーザ容量制限値
各サーバのユーザ容量制限値は以下の通りです。


在学生 教職員 共有フォルダ
電子メールサーバ 300MB
500MB -
ファイルサーバ 500MB 500MB 500MB
Web/FTPサーバ 30MB 200MB -

telnet接続したい
サーバアドレスは以下の通りです。
telnet/sshサーバ:telnet.tiu.ac.jp

学外では、ssh接続をご利用ください。
 対応ソフトウェア(一例):Tera Term(Windows)、jellyfiSSH(Mac OS X)

Anonymous FTPを利用したい
現在、サービスを提供しておりません。

学内パソコン 標準ソフトウェア環境
学内パソコン標準ソフトウェア環境は次の通りです。
 対象:パソコン教室、共用パソコン室、一般教室の教卓パソコン(一部)

■Windows  
Adobe Reader J PDFビューア
FFFTP FTPクライアント
FileZilla SFTPクライアント
Internet explorer Webブラウザ
IrfanView 画像ビューア
Java RE SE
実行環境
Lhaz
圧縮・解凍ソフト
Microsoft Office Professional オフィスソフト
Mozilla Firefox Webブラウザ
OpenOffice.org オフィスソフト
PictBear SE ドローソフト
Pixa ペイントソフト
SOL アウトラインプロセッサ
Symantec Endpoint Protection ウィルス対策
Tera Pad テキストエディタ
TeraTerm Pro Telnet/sshクライアント
ゼロタイ タイピング練習

■Mac  
Adobe Reader J PDFビューア
Cyberduck FTP クライアント
JellyfiSSH Telnet/sshクライアントI/F
Microsoft Office Professional オフィスソフト
Mozilla Firefox Webブラウザ
Symantec Endpoint Protection ウィルス対策
Safari Webブラウザ

トップページに戻る