商学科

国内外に広がる5つの「市場」を専門的に学びながら
多彩なビジネス分野で活躍できる人材を育成します。

マーケティング、スポーツビジネス、国際ビジネス、地域・公共、ファイナンス。国内外に広がる「市場」について学びながら、広範なビジネスに必要な発想法や知識などを学びます。

5つの専門分野

マーケティング

モノやサービスが提供されるまでの過程を理解し、消費者の心を把握する力を養成。 製品開発や接客を通して豊かな消費社会を 創造する人材を育成します。

目指す進路

  • メーカーや流通企業の製品企画・開発担当者
  • マーケティング戦略・広報担当者
  • 広告代理店の営業企画・制作担当者 ほか

スポーツビジネス

スポーツを通じて得られた経験とビジネスの専門知識を活かして、拡大をつづけるスポーツビジネス市場で活躍できる人材を育成します。

目指す進路

  • スポーツメーカー・ショップ
  • スポーツ関連団体
  • スポーツイベント会社 ほか

国際ビジネス

国際的な商取引のルールを理解し、英語を中心とする語学を磨くことにより、グローバルビジネスの世界で力を発揮できる人材を育成します。

目指す進路

  • 貿易会社
  • 輸出入担当者
  • 輸入販売業者 ほか

地域・公共

地域の魅力を引き出す商業活動や公共サービスの在り方を探求。自分の住む街や地域を活性化するための企画力・実践力を育成します。

目指す進路

  • 国家・地方公務員
  • 中小企業のコンサルタント
  • 大学院進学 ほか

ファイナンス

企業活動に関わる「お金の流れ」を学習。金融や財務に関する知識を身につけ、企業で活躍する経理・財務のスペシャリストを育成します。

目指す進路

  • 企業の経理・財務担当者
  • ファイナンシャルプランナー
  • 銀行員・証券外交員 ほか

カリキュラム

カリキュラム

在学生PICK UP

消費を左右するマーケティングの知識を学び
スポーツビジネスに挑戦

スポーツが好きだった私は高校生の頃から、将来はスポーツに関係する職業に就きたいと考えていました。進学の際に商学部を選んだのは、スポーツ用品メーカーで働く友人家族の話を聞き、マーケティングにも興味を持ったからです。選手や指導者など、直接スポーツに関わるだけでなく、間接的にスポーツを支える仕事があることを知りました。
東京国際大学への入学の決め手は、マーケティングの専門知識が学べるだけでなく、スポーツビジネスに関する授業が豊富にあることです。例えば試合の映像などを見て、どの選手が今後伸びるかなど、アスリートを見る目を磨くということが商学科でも学べるのです。また、ファイナンスや国際ビジネスなど、幅広い分野を学ぶことができるので、将来の選択肢が広がる点も商学科の魅力です。
私は硬式庭球部に所属しているので、競技経験と商学部での学びを活かし、スポーツ関連の仕事を目指します。