英語コミュニケーション学科

異文化理解、ビジネス、教育。
国際言語である英語を活かす3つの履修モデルコース

GTI(英語教育組織Global Teaching Institute)による多彩な英語教育と充実した留学プログラムを活用して、国際社会で不可欠な英語力を養成。言語と文化、英語ビジネス、英語教育の3つの履修モデルにそって専門知識を深めます。

 

カリキュラムロードマップ(2016年度以降)

3つの履修モデルコース 

言語と文化コース

言語の仕組みや、その背景にある文化・価値観について学びを深めることで、グローバル化が進んでいる現代社会で必要となる、異文化理解や国際コミュニケーション力を養成。語学力はもちろんのこと、文化の多様性を追求して幅広い教養を身につけることで、さまざまな社会のニーズに対応することができる国際人を育成します。

目指す進路

  • 通訳・翻訳業務
  • 観光ガイド・民間企業
  • 国際機関 ほか

英語ビジネスコース

実践的な英語力やコミュニケーション能力に加え、ビジネスの現場で必要となる経済やグローバルビジネスに関連した知識、実務能力を修得。国際的なセンスを活かして、世界で通用するビジネスパーソンへと成長することを目指します。

目指す進路

  • 外資系企業
  • 民間企業(金融/流通/商社)
  • 民間企業(観光/旅行/ホテル) ほか

英語教育コース

中学校・高等学校の英語教員免許取得や、小学校や幼稚園・保育所、英語塾、語学教育機関などでの英語指導に取り組める能力を修得します。英語の指導法や言語の習得過程を深く学びながら、英語教育のスペシャリストを目指します。

目指す進路

  • 小学校教諭※、中学校・高等学校教諭(英語)
  • 英語塾などの指導者
  • 大学院進学 ほか

※本学で中学校の教員免許状取得を条件に通信教育課程を受講することにより取得できます。

カリキュラム  

   

  TLO(Target and Learning Outcomes)

カリキュラム

在学生PICK UP

実践的に学べる環境で
「話す力・伝える力」が身につきました

英語でのコミュニケーションが主体的に行える大学を希望していて、英語のみで行われる授業(GTI)があること、いつでも好きなときに使える施設(English PLAZA)があることが入学の決め手でした。特にEnglish PLAZAは授業の合間で気軽に利用できるため、授業の予習、復習だけでなく留学生とのコミュニケーションの場として普段から活用しています。
英語に触れる機会が授業以外でも多いため、英語を話すことに抵抗が無くなります。「話す力・伝える力」が自然と身に付くため、GTIの教員や留学生とのコミュニケーションも円滑に行えるようになりました。
英語力が伸びた授業は、「Communication Basic」です。この授業は高校生までに学んできた方法とは異なり、ゲーム形式で英単語や文法を学ぶことができるよう工夫がされています。1年次の授業だったので、英語の楽しさに触れつつ、実践的な英語を身につけることができました。
卒業後はパレスホテルに就職します。これからは、海外からのお客様とも日常的に接することになるので、大学で身につけた英語力を活かし、日本の魅力なども丁寧に伝えていきたいです。