福祉心理学科

福祉と心理の両面から子ども、高齢者、障がい者を支援する専門性と総合力を持つ人材を育成します。

「福祉」と「心理」という2つの視点から人に対しての学びを深めるとともに、社会やスポーツも学習。人間一人ひとりへの深い洞察力を備えた福祉・心理分野のスペシャリストを育成します。

 

カリキュラムロードマップ

2つの専門分野 

福祉分野

福祉は、子どもや障がい者、高齢者はもとより、全ての人たちが、自分らしく生き活きと自分の人生を歩むことを目指しています。課題を抱え孤立してしまう人たちをなくすなど、さまざまな福祉課題を発見・解決・予防するための具体的な知識や技術を、理論と実践の両面から学習します。他者や社会に関心を寄せ、人々が互いに支えあいながら生きやすい社会を創っていくための実践力も身につけていきます。

目指す進路

  • 児童・高齢者・障がい者施設のソーシャルワーカー
  • 福祉系企業(有料老人ホームなど)ソーシャルワーカー
  • 社会福祉協議会のソーシャルワーカー
  • 地方公務員 ほか

心理分野

心理学は人間の行動や心、感情について学ぶ学問です。人間の心と身体の発達、各年代特有の心の悩みや問題、その解決と支援方法、集団や組織におけるリーダーシップやコミュニケーションなどについて、心理学を幅広い観点から学びます。大学院に進学し臨床心理士の資格取得も目指せます。

目指す進路

  • 公務員心理職
  • 公的機関や企業の産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント
  • (臨床心理士を取得して)教育機関のスクールカウンセラー
  • 大学院臨床心理学研究科進学 ほか

カリキュラム

カリキュラム

「公認心理師」カリキュラム

2022年度より「公認心理師」資格取得に向けたカリキュラムを開始します。人の心理について学び、心の支援を行うさまざまな領域で活躍できる「公認心理師」を目指すことができます。なお、公認心理師の受験資格は、卒業後に大学院進学や実務経験により得ることができます。

在学生PICK UP

福祉と心理学の両方の学びが人に関わる専門力を高める

心理学に興味があってこの学科を選びましたが、福祉も学べたことで支援に関する知識と社会的な視野が広がりました。福祉分野を目指す人にとっても、人との接し方などが学べる心理学は大切です。心理学では、箱庭療法などの事例研究や、「心理学基礎実験」という授業でのさまざまな実験などから人の心理を学びました。これらの学びは、専門職だけでなく日常の人間関係でも生涯役に立つと思います。