福祉心理学科

福祉と心理の両面から子ども、高齢者、障がい者を支援する専門性と総合力を持つ福祉のスペシャリストを育成します。

「福祉」と「心理」という2つの視点から人に対しての学びを深めるとともに、社会や文化も学習。人間一人ひとりへの深い洞察力を備えた福祉・心理分野のスペシャリストを育成します。

2つの専門分野

福祉分野

すべての子どもや高齢者が生き生きと健康的な生活を送るための支援方法を、理論と実践の両面から学習します。福祉や医療に関する施策や、有効なサービスを提供する支援システムについても同時に学びを深めます。社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格を取得し、福祉施設や病院、行政機関などで活躍するソーシャルワーカーを目指します。

目指す進路

  • 児童・高齢者・障がい者施設のソーシャルワーカー
  • スクールソーシャルワーカー 
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 福祉系企業(有料老人ホームなど)ソーシャルワーカー
  • 社会福祉協議会のソーシャルワーカー
  • 地方公務員 ほか

心理分野

心理学は人間の行動や心、感情について学ぶ学問です。人間の心と身体の発達、各年代特有の心の悩みや問題、その解決と支援方法、集団や組織におけるリーダーシップやコミュニケーションなどについて、心理学を幅広い観点から学びます。大学院に進学し臨床心理士の資格取得も目指せます。

目指す進路

  • 公務員心理職
  • 公的機関や企業の産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント
  • 教育機関などの学校カウンセラー
  • 大学院臨床心理学研究科進学
    臨床心理士 ほか

カリキュラム

カリキュラム

在学生PICK UP

自分の考え方や感じ方が
日々変わっていくのが実感できます

東京国際大学に入学したきっかけは、東日本大震災でした。当時は中学生でしたが、被災地の状況を知って、心に傷を負った人のサポートや、人の役に立つ仕事をしたいと思いました。東京国際大学には、福祉も心理も学べる福祉心理学科があると知り、自分の将来の夢の実現に最適な学びができると感じました。
「精神保健福祉援助演習」の授業では、精神障がいを持つ人の支援活動もしていますが、学生はその活動のなかで何を感じたのかを持ち帰り、ディスカッションをしています。先生から教わるだけではなく、自ら疑問を投げかけ、話し合うことで多くの意見を聞くことができ、とても勉強になります。支援活動を通して人と接していくと、自分の考え方や、接し方が変わっていくのがわかります。福祉を学ぶうえで心理は大切ですし、その逆も同じです。これは、この学科の大きなポイントです。
精神保健福祉士の資格を取得し、将来は災害支援や被災者の精神面でのケア、さらに被災者の家族の支援もしていきたいです。