福祉心理学科

福祉と心理の両面から子ども、高齢者、障がい者を支援する専門性と総合力を持つ福祉のスペシャリストを養成します。

「福祉」と「心理」という2つの視点から人に対しての学びを深めるとともに、社会や文化も学習。人間一人ひとりへの深い洞察力を備えた福祉・心理分野のスペシャリストを育成します。

2つの専門分野

福祉分野

すべての子どもや高齢者が生き生きと健康的な生活を送るための支援方法を、理論と実践の両面から学習します。また有効なサービスを提供する施策や組織の運営についても同時に学びを深めます。社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格を取得し、福祉施設や病院、行政機関などで活躍するソーシャルワーカーを目指します。

目指す進路

  • 福祉施設
  • 社会福祉協議会
  • スクールソーシャルワーカー
  • 児童福祉関連施設
  • 一般医療機関
  • 精神科医療機関
  • 精神障がい者福祉施設のソーシャルワーカー
  • 福祉系NPO団体
  • 福祉系企業(有料老人ホームなど)
  • 地方公務員 他

心理分野

心理学は人間の行動や心、感情について学ぶ学問です。人間の心と身体の発達、各年代特有の心の悩みや問題、その解決と支援方法、集団や組織におけるリーダーシップやコミュニケーションなどについて、心理学を幅広い観点から学びます。大学院に進学し臨床心理士、産業カウンセラーの資格取得も目指せます。

目指す進路

  • 公務員心理職
  • 公的機関や企業の産業カウンセラー
  • キャリアコンサルタント
  • 教育機関などの学校カウンセラー
  • 大学院臨床心理学研究科進学
    (臨床心理士取得に向けて) 他

カリキュラム

カリキュラム

在学生PICK UP

心理学を研究するうちに指針が明確になり
将来へのモチベーションが高まりました。

心理職に就いている母の影響で心理学に関心があり、臨床心理士を目指して入学しました。医療現場への就職が希望なので、福祉も学べるこの学科は理想的な環境です。印象深い授業は「精神分析学」。知識と経験が豊富な先生の講義は一言一句聞き逃したくないほど魅力的で、精神療法への興味がさらに深まりました。また箱庭療法を扱った「心理療法」で患者さんの作品についてみんなで意見を出し合ったり、「心理学基礎実験」で統計を取りレポートにまとめたことも力になりました。臨床心理士の資格取得のため進学予定ですが、本学では大学院生との交流もあり、受験の相談に乗っていただけるので大変心強いです。就職後は心理学と福祉のふたつの視点から患者さんの心にアプローチし、問題解消に尽力したいと思っています。