スポーツ科学科

スポーツを多様な視点から科学的に探究し、
第一線で活躍できるトップアスリート、指導者を育成します。

スポーツに関する知識を総合的に学び、人間科学の成果を活かして実践力の向上を図りながら、スポーツ競技のトップアスリートとアスリートを支える指導者を育成します。

2つの専門分野

競技スポーツコース

スポーツパフォーマンスの向上を目指し、身体・技術・心理・栄養・戦術などの幅広い視点からトレーニングの理論と方法を学び、競技力向上に結びつく科学的・専門的な知識を修得。各種目のトップアスリートやエキスパートを育成します。

目指す進路

  • 各種競技のプロおよびトップアスリート
  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • スポーツ関連企業 他

スポーツトレーナーコース

スポーツ選手の競技力向上および救急処置の方法、身体トレーニングやアスレティックリハビリテーションなど、スポーツ現場で活動するために必要な知識や技能を学び、さらにコーチングや指導法などを修得。トップアスリートから一般のスポーツ愛好者まで幅広く対応できる指導者やトレーナーを育成します。

目指す進路

  • 各種競技のトレーナー、トレーニングコーチ
  • 各種競技の監督、コーチ
  • フィットネスクラブインストラクター 他

カリキュラム

在学生PICK UP

財産は、専門性の高いバラエティ豊かな知識と
トップアスリートから学んだ人間力。

競技スポーツコースを専攻し、女子サッカー部の活動と関連させながら、パフォーマンス向上のために必要な知識や技術を学びました。競技の特性や理論、トレーニング方法だけではなく、スポーツを心理面や栄養・医学的側面、歴史などから考察でき、視野が広がりました。
また「メンタルトレーニング論」など指導にも役立つ実践的な授業も多く、各競技を究めたトップアスリートの先生方から直接学ぶことができたのも、私の大きな財産となりました。部活動と両立させて取得できた教員免許状を活かし、卒業後は宮城県の高等学校に体育教員として勤務しながら女子サッカー部を受けもちます。この4年間で学んだ経験と知識を活かして、よき指導者になれればと思っています。