スポーツ科学科

スポーツを多様な視点から科学的に探究し、
第一線で活躍できるトップアスリート、指導者を育成します。

スポーツに関する知識を総合的に学び、人間科学の成果を活かして実践力の向上を図りながら、スポーツ競技のトップアスリートとアスリートを支える指導者を育成します。

2つのモデルコース

競技スポーツコース

スポーツパフォーマンスの向上を目指し、身体・技術・心理・栄養・戦術などの幅広い視点からトレーニングの理論と方法を学び、競技力向上に結びつく科学的・専門的な知識を修得。各種目のトップアスリートやエキスパートを育成します。

目指す進路

  • 各種競技のプロおよびトップアスリート
  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • スポーツ関連企業 ほか

スポーツトレーナーコース

スポーツ選手の競技力向上や救急処置、身体トレーニングやアスレティックリハビリテーションなど、スポーツ現場で活動するために必要な知識や技術を学び、コーチングや指導法を修得。トップアスリートから一般のスポーツ愛好者まで幅広く対応できる指導者やトレーナーを育成します。

目指す進路

  • 各種競技のトレーナー、トレーニングコーチ
  • 各種競技の監督、コーチ
  • フィットネスクラブインストラクター ほか

カリキュラム

在学生PICK UP

スポーツと勉強を両立できる
最高の環境です

高校生の頃は陸上部に所属しており、静岡県のインターハイ予選で横溝総監督(東京国際大学 駅伝部)に声をかけていただいたのが、この大学を知ったきっかけでした。運動施設やトレーニング設備が充実しており、陸上をつづけられる環境が整っていたことが進学の決め手になりました。
スポーツ科学科はアスリートを育成する理論や実技を学びながら、「メンタルトレーニング論」や「応用スポーツ医学」など、心技体を育む知識が体系的に学べます。スポーツの理論やコーチングなど、指導者として不可欠な知識も含まれており、また、保健体育の教員免許状を取得できるなど、将来の選択肢も豊富です。
駅伝部は、怪我などもあって選手からマネージャーに転向しました。選手を支える側に立ってチーム全体を良くするには何が必要かと考え、初めて全体が見えるようになりました。
そのように成長できたのは、自分のサポートを評価してくれるチームメイト、先生方が厳しくも優しく見守ってくれたおかげだと思っています。