TIUストーリー スポーツ




陸上は、高校でやめようと思っていた。
高3の春に足首を痛めたことが、きっかけだった。

「大学の監督が、お前に会いたいと言っているぞ」
陸上部の顧問に呼ばれたのは、夏のインターハイが終わって少し経った頃だった。
「一緒に箱根路をめざさないか」思いもかけない誘いだった。
正月にテレビで見ていた場所に、自分が立つことなんて想像もできなかった。
まだ完治していない脚も、不安だった。
「大丈夫だ。俺を信じてほしい」強い言葉だった。
隣で頷いていた陸上部顧問が、言葉を継いだ。
「大学の学びは、お前の将来の選択肢を広げるぞ」
みんなに後押しされ、心が決まった。

脚の怪我が完治し痛みが癒えるまでは、一人だけ別メニューでの練習になった。
みんなと一緒に走れない悔しさで悶々としていると、
練習につきあってくれた先輩マネージャーが「焦るなよ」と声をかけてくれた。
ゼミの先生は、「メンタルトレーニング」の重要性を教えてくれた。
呼吸によって緊張状態がコントロールできること、
また、目標設定の仕方でパフォーマンスが変わってくることを学んだ。
孤独だった別メニューの練習が、次第に充実したものに変わっていった。
じきに、みんなと一緒に走れるようになった。

先輩が勧めてくれた『スポーツトレーニング論』を履修してからは、
コーチたちの組んだ練習メニューに、自分なりの提案ができるようになった。
「やるじゃないか」さりげなく肩を叩く、仲間の言葉がうれしかった。

怪我の治療も長距離走の練習も、ひたすら自分自身との戦いだと思っていた。
が、常に自分のことを見てくれ、さりげなく背中を押してくれる人たちがいた。
自分は一人じゃない。
みんながいるからこそ、あの場所をめざせる――

今日も一秒を絞り出すために、仲間たちとトラックを駆ける。
感謝の気持ちを胸に。


※ 写真は実在の東京国際大学生ですが、本文とは関係ありません。


スポーツ



他のTIUストーリーを読む